紫外線受けることで発生する活性酸素を防ぎましょう

DHAとEPA

栄養補助食品

DHAとEPAは生活習慣病の予防に高い効果をもっています。しかし、どちらも人体に働きかける場所や効果には明確に違いがあると言われています。より血液をサラサラにしたいのであれば、EPAを多く含まれているサプリメントを飲むことをおすすめします。動脈硬化や高血圧の予防にはDHAもEPAどちらも効果があります。DHAは血管や赤血球の細胞を柔らかくする働きを持っております。一方EPAは血栓を塞いで血液をDHAより潤滑にしてくれる効果が高いためDHAよりEPAの方が優秀と言えるでしょう。
神経系に働きかけるのはDHAだけになります。DHAとEPAは摂取されると小腸に吸収され肝臓を通って血液に入ります。脳に必要な物質をとそうでないものを選び分けている機能があり、DHAはその関門を通ることができる数少ない成分になります。特に記憶力や学習機能を多く司る機関があるため、脳の活動を支える上で重要な役割を果たしています。ですから、DHAは脳の活性化を手伝ってくれるため重要な成分と言えるでしょう。魚などに多く含まれているDHAですが、現代ではサプリメントも多く開発されています。DHAとEPAに多く企業によって研究されており沢山の種類があります。サプリメントにはDHAとEPA、両方の成分を含んでいるものを選ぶことがいいでしょう。DHAとEPAを同時に摂取することでより高い相乗効果を発揮することができます。しかし、サプリメントを過剰摂取しても出血により血圧が下がりやすくなるので注意して活用することが大切です。